生活を始める

Students in the garden at Wimbledon School of English, London

最初の数週間

イギリスに到着すると、様々なサポートがみなさんを待っています。

イギリスのほとんどの学校では、歓迎行事が開かれ、学校関係者のスピーチを聴講したり、食事を楽しんだりします。みなさんと同じように、初めてイギリスでの生活を始める他の学生とも知り合うチャンスです。

キャンパスや地元を案内してくれるオリエンテーションもあるかもしれません。

学期のはじめには、多くの大学で、新入生を歓迎するために新入生歓迎週間を設けています。たくさんのパーティやイベントが開催されるでしょう。新入生フェアでは、学内のスポーツ、アート、その他のサークルが、新しいメンバーの呼び込みをしています。みなさんも興味があるグループを見つけて参加できます。

手続き

上記のような活動の他に、警察や病院の登録のように、到着後にやらなければいけない手続きがあります。「留学の準備と手続き」のセクションを見てください。

心を休める

新しい国に移り住むことは、一生を通じての冒険であり、新しい仲間に出会うチャンスであり、新しい風景の探究であり、全く新しい文化を経験することでもあります。

留学中は大変なこともあるかもしれません。故郷の家族や友達と会いたくなったり、カルチャー・ショックを覚えたり。でも心配はいりません。そんな風に感じるのは、自然なことです。そして、そんな時にできる対応策はたくさんあります。

  • 心を休めるのに最適な方法のひとつは、友達をつくることです。幸い、みなさんと同じように初めての体験をしている仲間がたくさんいて、仲間を探しています。「友達をつくる」のセクションで、その秘訣を読んでみましょう。

  • 同じ文化的背景を持つ仲間と過ごしたいと思ったら、インターナショナル・ソサエティ(留学生の会)に参加してみるのはどうでしょうか?ほとんどの学校に設置されていて、仲間をつくり、サポートを得ることができます。ただし、いろいろな文化を持つ仲間といれば、楽しい時間を過ごせるし、英語も上達するということを覚えていてください。同じ国の輪の中に閉じこもらないことです。

  • スポーツは、気分転換にはもってこいの方法です。ほとんどの学校に、ハイキング・クラブ、サイクリング・グループ、ダンス・クラス、アマチュア・フットボール・チームのような、数多くのクラブがあります。キャンパスの掲示板で、どんなものがあるか探してみましょう。

  • アドバイスやサポートが欲しい時、または誰か共感してくれる人に話したくなったら、 「サポートを得る」のセクションを見てください。

  •  UKCISA(英国留学生委員会)は、快適な生活を始めるためのアドバイスをたくさん提供しています。ウェブサイトをご覧ください。