博物館と美術館

Exterior of the Wellcome Trust gallery in London

イギリスには、優れた博物館や美術館がたくさんあります。そして、その多くが入場無料です!おすすめの場所をここでご紹介します。

博物館と歴史

イングランドの北部、中部では、それぞれにテーマを持った美術館がたくさんあり、歴史を垣間見ることができます。ダドリーにあるブラック・カントリー・リビング・ミュージアムでは、数百年前のイギリスの生活が紹介されています。ヨークにあるヨービック・バイキング・センターでは、バイキングの生活を観たり、聞いたり、なんと匂いも感じることができるのです!

スコットランドでは、国立博物館でこの国の興味深い歴史を発見し、カーディフの国立博物館ではウェールズの歴史を探求できます。

南に向かうと、ロンドンの大英博物館があります。アフリカ、中東、古代エジプト、アジアの2百万を超える展示物を含め、世界的に有名な芸術品が所蔵されています。ロンドンには、他にも有名な自然史博物館科学博物館、古美術・デザインを中心としたヴィクトリア&アルバート博物館、新しく修復されたカティー・サーク号と国立海事博物館を含むロイヤル・ミュージアムズ・グリニッジがあります。

北アイルランドでは、ぜひタイタニック・ベルファストに行ってみましょう。この世界的に有名な博物館は、タイタニック号が作られた地に建てられました。

美術館

ロンドンのテート・モダンナショナル・ギャラリーは、イギリスで最も有名なアート関係の施設です。テートは感動的な常設展示のほかに、毎回人気の高い企画展示を行っています。一方、ナショナル・ギャラリーは13世紀から19世紀までの作品を所蔵しています。

スコットランドでは、グラスゴーのケルビングローブ美術館を訪れてみてください。何年にもわたって幅広い展示を行ってきました。たとえば、グラスゴーの人々の生活を描いた作品から、イタリアのスケッチまで様々です。

北イングランドでは、サルフォードのローリーがおすすめです。近現代美術を専門に扱い、写真、デザイン、印刷を含めた様々な表現媒体を展示しています。

さらに詳しい情報

さらなるおすすめの情報について歴史と遺産のページを参照してください。

イギリスの博物館や美術館については、英国政府観光庁北アイルランド観光情報をご覧ください。