ホーム » 留学の種類 » 資格と学位 » 出願書の書き方 ― 留学生入学課から6つのヒント

出願書の書き方 ― 留学生入学課から6つのヒント

Students writing in class

「入学審査官は、出願書を入念に審査し、個性ある優れた人材を見極めます」

人生を変えてしまうかもしれない出願書。何を書こうかパニックになる必要はありません。みなさんが出願書作成の際に参考となるよう、イギリスの大学の留学生課・国際課の担当者にアドバイスを聞きました。

大学学部コースや一部の大学院コースへの出願は、UCAS(大学及びカレッジの入学手続き機関)を通じて行います。出願の流れについては、UCAS出願:重要なアドバイスをご確認ください。重要度の高い志望動機書(Personal Statement)に関しては、下記のヒントを参考にしましょう。

ここでは、オックスフォード・ブルックス大学で留学生入学課の代表を務めるリチャード・ブラントさん(右)が効果的な出願書の書き方のヒントを紹介します。出願書に含むべき重要ポイントや、映画「タイタニック」のセリフを引用してはいけない理由(下記の6番目を参照のこと)を参考にしてみてください。

1. 自分らしく

「他でもない自分だけがコースに提示できる唯一のクオリティ、それは自分らしさです。入学審査官は、出願書を入念に審査して、個性ある優れた人材を見極めます。小中学校、カレッジ、大学が審査する年間の出願数は数千に上りますから、存在感をアピールするには、オリジナリティある出願書を作成することが重要です」

「当大学では、適格な入学審査官が各志望動機書の審査をしています。イギリスで学ぶ動機、専攻学科に対する熱意、学業以外に従事している活動等を知ることで、出願者の全体像を把握することに努めています」

「何よりも、正直に書くことが大切です。入学審査の目的は、イギリスでの生活を楽しみ、それをプラスの経験にできる人を選ぶことなのです。また、志望動機書の内容に基づいて、Skype面接を行うこともあります」

- バッキンガム大学 国際マーケティング課担当官 ヘレン・アダムス

2. 自分にとって最適なコースである理由を説明する

「私たちは、出願者がコースに対してどんな興味・関心を持っているかを推測することはできません。ですから、選んだコースが自分に最適だと思う理由を説明してもらう必要があります。コースのどういった面が気に入ったのか?自分に最適な専攻科目を選ぶために行ったリサーチ方法は?このコースを履修することが将来のキャリアや目標にいかに役立つのか?大学側はそのすべてに関心があります」

3. 学業に役立つ過去の経験をアピールする

「コースに必要となる実践スキルや卒業後の進路に対する理解を示すため、コースに関連する過去の経験(有給の仕事やボランティア活動、課外活動等)をアピールしてください。」

「コースに直接関連した経験がないという場合でも、過去の経験から学んだことを広く捉えて、それをコースにいかに適用できるかクリエイティブに考えてみて下さい。金融学を勉強するのに、銀行勤務の経験は必要ありません。組織能力や論理的思考力は他の経験から学び取ることもできます」

4. 専攻学科に対する意欲を示す

「『完璧な出願書』というものは存在しませんが、コースに対する熱意は明確に示してもらう必要があります。複数の出願者が合格基準を同程度に満たしている(試験結果が同スコア等)場合、コースに対する強い熱意を示してくれた方に入学をオファーしたほうがいいと考えます」

UCASを通して大学学部コースに出願する場合には、最大5校の大学及びカレッジに同一の出願書を送付します。そのため、志望動機書は、一つの教育機関に特化した内容ではなく、志望する専攻学科、興味・関心、過去の経験に重点をおいた内容にする必要があります。

「コースに対する熱意をアピールすることが大切です。ただし、出願先の大学すべてが志望動機書に目を通しますので、第一希望があったとしても、その一校に特化した内容にならないよう注意しましょう」

- グラスゴー大学 国際課担当官 ジェマ・キャロル

5. 高い文章力を心掛ける

「志望動機書は、高い文章力を心掛け、文法やスペルの間違いがないよう徹底してください。入学後に必要となるスキルですから、今のうちに練習しておくのが良いでしょう。また、簡潔な文章にすることが大事です。志望理由は、要点を押さえて説明するほど説得力が増します。スペースを最大限活用することで、より多くのポイントをアピールすることができます」

「英語が母国語でない場合、第二言語(または第三・第四言語)で流暢な文章を書くのは容易いことではありません。文法やスペルのミスがないか何度も確認し、複数の人にチェックをしてもらいましょう。提出直前の変更で、タイプミスや内容の重複を確認せずに提出することのないよう気を付けてください」

- インペリアルカレッジ・ロンドン 学生リクルートメント課代表 ジョアナ・シアラー博士

6. 好きな映画のセリフを引用しない

「出願書は、自分を売り込む唯一の機会です。出願書に映画のセリフ、歌詞やことわざを引用することほど印象の悪いものはありません。志望動機書の貴重なスペースが引用に使われていると入学審査官としては歯がゆさを感じてしまいます」

関連記事: