ホーム » 留学の先に » 社会人になる » 成功につながる履歴書の書き方:ナショナル・キャリア・サービスからの10のヒント

成功につながる履歴書の書き方:ナショナル・キャリア・サービスからの10のヒント

Young woman in a job interview

卒業を控え仕事を探す準備をしていますか?

仕事を探してキャリアをスタートさせるアドバイスについてはまず「理想の仕事を見つける」をご覧ください。
英国国内での就労ビザについての詳細は、「卒業後の就労ビザ」のセクションで確認してみましょう。

 

ナショナル・キャリア・サービスでは情報やアドバイスを提供し、トレーニングや就業の機会に関する意思決定をする手助けをしています。このサービスではイングランドの人々に親密かつ公正なアドバイスを提供しています(英国国内の他の地域については下記をご覧ください)。ウェブサイトに行きウェブチャットを通じてアドバイザーと話したり、オンラインのツールで情報にアクセスしてみましょう。就職の見通しを向上しキャリアを掌握する手助けとなるでしょう。
履歴書(CV)はあなたの職務経歴、資格やその他主要なポイントを詳細に明記した書類です。英語圏では「レジュメ」と呼ぶ国もありますが、英国では「CV」が好まれます。

 

ここでは、ナショナル・キャリア・サービスのアドバイザーであるヴィクトリア・マシューズによる効果的な履歴書(CV)の書き方のヒントを紹介します。


1.適正な形式を選ぶ
履歴書を書く上でまずは適正な形式を選ぶことが大切です。
例えば、学歴から始めるか、職歴から始めるか?趣味や興味などを含めるか?などです。
もし英国で仕事を探すなら、自国でのフォーマットと違うものを使う必要があるかもしれません。英国で使われる履歴書の様式例は「履歴書のフォーマットを選ぶ」をご覧ください。

 

2.簡潔に書く
英国では履歴書は2ページ以内の長さであることが通例です。2ページでは全部の情報を網羅するのは難しいですが、ずっと以前に勤めていた仕事などのあまり重要ではない情報を簡潔に記載することでスペースを確保できます。まったく記載が不要なものもあります。例えば「履歴書(CV)」というタイトルや、国籍や生年月日などの記載も必要ありません。

 

3.体裁を整える
履歴書を印刷する場合はA4サイズの品質の良い紙を選びましょう。一貫してArialなどのビジネスライクなフォントを使い、見出しにはボールド体で大き目なフォントサイズを選びます。セクションを分けるにはラインや画像を使うよりも余白を使用します。

 

4.写真の添付
履歴書に写真を貼るのが標準である国もありますが、モデルや俳優などの職業に応募する以外、英国では写真の貼付は普通ではありません。

 

5.書式に気をつける
流暢で明確な英語で書くよう心がけ、英国の雇用主が不慣れな単語や専門用語は避けましょう。自信がない場合は、チューターや友人、学校のキャリアアドバイザーに履歴書を見せ、読み易いかどうか確認してもらいましょう。
履歴書は簡潔で読み易くあるべきです。どの単語を使うかであなたの印象は大きく変わります。特に過去の仕事で達成したことを説明する際には「能動的」な単語を使うように心がけましょう。「管理した (managed)」「率いた (led)「「達成した (achieved)」などの力強い言葉を使いましょう。

 

6.スペルミスを避ける
スペルと文法の間違いがないか最終確認をしましょう。細心の注意を払うことは英国の雇用主に高く評価されます。コンピューターのスペルや文法チェック機能を使ってもいいですが、信頼している人物に読んでもらうのもいい考えです。雇用主の多くは、スペルミスのある応募書類を検討はしません。

 

7.履歴書を特定の職種に適合させる
履歴書は応募する職種に適合させるべきです。つまり、その職種の要件に見合ったものにする必要があります。募集広告に返答するなら、要求されているスキルと職務経験を見て、履歴書の中でそのことに触れましょう。その企業に現在の空きがなく、後日のための参考に履歴書を送るなら、その仕事がどんな内容で、雇用主が何を求めるのか考慮してみましょう。時間をかけてその企業の主な活動を知るのもいい考えです。

 

8.正直に書く
自分を売り込むことと物事をねつ造することには違いがあります。自分を売り込むことは、自分のスキルや経験を有利に見せることです。けして資格や過去の職歴を歪曲してはなりません。もっと詳細な情報を面接の段階で質問されるかもしれません。

 

9.一晩置く
履歴書を作成している時は、保存して別の日や休憩後に再度開いてみましょう。そうすればずれやミスなどが見つけやすくなり、より良い履歴書の作成につながります。

 

10.小さな変化が大きな違いを生む
履歴書を作成するときには毎回、時間をかけて正しい表現を使いましょう。定期的に履歴書を更新し改良することは時間と労力の節約になります。また、適切な職種募集があった時に確実に準備が整っていることになります。

 

完璧な履歴書作成のためのさらなるヒント
履歴書作成時のさらなるヒントについては、ナショナル・キャリア・サービス履歴書作成ツールをご覧ください

 

英国国内での仕事とキャリアに関するアドバイス
イングランドにおけるキャリアのアドバイスについてはナショナル・キャリア・サービスのウェブサイトをご覧ください。
英国の他の地域でのキャリア探しについては下記を参照してください。