歴史と遺跡

Castle and tower house of Dunbeath on a Scottish Highland peninsula

古代遺跡、崩れかかった城、趣のある村々。イギリス留学は、思う存分歴史に浸るチャンスでもあります。

訪れることができる場所はバラエティに富んでいます。多くは無料、または学生割引が利用できます。ここにいくつか、時代を遡るいくつかの方法をご紹介します。

産業の誕生

産業革命は、イギリスで始まったことを知っていますか?18世紀と19世紀、イギリスは鋳物工場や紡績工場で有名でした。そして現在も、多くの重要な工業地帯が残っています。アイアンブリッジ渓谷博物館ブリスツ・ヒル・ビクトリアン・タウン、そしてコールブルックデイル鉄博物館では、当時の生活を垣間見ることができます。

その他にも、産業革命に関する人気のアトラクションのとして、スウォンジーの国立ウォーターフロント博物館、マンチェスターの科学産業博物館、ロンドンの科学博物館があります。

作家ゆかりの地

何百年もの間、イギリス出身の作家たちが多くの読者を楽しませてきました。素晴らしい作家たちが暮らした家の多くは今も残っていて、毎年多くの観光客が訪れます。

ストラトフォード・アポン・エイボンにはウィリアム・シェイクスピアの生家があり、修復されたロイヤル・シェイクスピア・シアターでは、彼の戯曲のひとつが上演されています。

ロンドンではグローブ座でシェイクスピアについて学べます。

ダンフリースにあるスコットランドの詩人ロバート・バーンズの家や、サマセットにあるイギリスのロマン派詩人サミュエル・テイラー・コールリッジのコテージ、ベルファストでは「ナルニア国物語」の著者C.S.ルイスとゆかりのある多くの建築物も見学することができます。

英文学に影響を与え、その舞台となってきた場所は、人気のある観光地となっています。美しい湖水地方は、ビアトリクス・ポターの魅力的な児童書が書かれた場所で、ヨークシャーの野性的で険しい景色は、いつまでもブロンテ姉妹を連想させます。

一方、ハリー・ポッターのファンなら、エジンバラ、オールドタウンで魔法のポッターツアーに参加したり、ロンドン近郊のワーナーブラザーズスタジオを訪れてハリー・ポッターのメイキングツアーに参加するのもいいでしょう。

お城と大邸宅

おとぎ話に出てくるような建築と目を見張る風景とともに、イギリスは神話と伝説に満ちています。いたる所に、お城、歴史的建築物そして大邸宅があり、そのほとんどが観光客に開放されています。

ダービシャーにあるチャッツワース・ハウスは、5世紀にもわたり、美術品を保管、展示してきた牧歌的な歴史的建築物です。鮮やかに彩られたホールを歩き、美しい床を見て回り、もしくはただ飾られた美術品のコレクションに見とれてしまいます。

北ウェールズ沿岸にある世界遺産のカナーボン城は、アングルシー島にある印象深いボーマリス城から13マイルしか離れていません。

君主制の支持者には、ノーフォークにある美しいサンドリンガム・ハウスがおすすめです。郊外にある女王の静養所で、1862年から王宮となっています。

エニスキレン城は、北アイルランドのロック・アーンのそばにあるお城です。18世紀には、兵舎として利用され、現在は連隊のイニスキリングス博物館やファーマナ州の博物館となっています。

スコットランドでは、エジンバラ城や、ネス湖のほとりにあるアークハート城を訪れて、息をのむような景観を楽しんでください。

刻まれた歴史

何千年もの歳月にわたって作られたイギリスの遺産は、石器時代のものから現代のものまで様々です。ケントにあるルリングストーン・ヴィラのような、保存状態の極めて良い古代遺跡を訪れれば、長い歴史を感じることができるでしょう。

スコットランドまで北上し、ベイ・オブ・スカイルの白い海岸近くにある新石器時代の集落、スカラ・ブレイを訪れるのも良いでしょう。

何千年も時を遡ったベルファストの壁画は、色鮮やかで強烈なウォール・ディスプレーで、北アイルランドの紛争が描かれています。

さらに詳しい情報

イギリスの歴史や遺跡について詳しく知りたい人は、英国政府観光庁北アイルランド観光情報をご覧ください。

イギリスの遺産や美しい写真など日々の更新情報はLove Great Britain のフェイスブックでもご覧いただけます。