ホーム » 留学の種類 » 大学・大学院の教育 » 大学・大学院の教育:コースと資格

大学・大学院の教育:コースと資格

Close-up of art textbooks on a desk

優れたコースを多数提供しているイギリスの大学やカレッジでは、世界中の雇用主や研究機関から高く評価されている学位を取得することができます。イギリスの高等教育には、学士号や修士号、MBA、PhDの他にも、いくつもの資格があります。

大学学部レベルで取得できる主な学位と資格

  • 学士号(Bachelor’s  Degree):専攻科目の理解を深められるよう構成されたプログラム。フルタイムのコースは、通常3年間(コースによっては4年間)です。 学位には、専攻分野に応じてBA(文系)BSc(理系)BEd(教育学)BEng(工学)など、それぞれ異なる名称がついています。

学位には、 Ordinary(普通)またはHonours(優等)の二種類があります。これは、大学やカレッジによって様々です。一般的に、「ordinary」 や「unclassified」は、その学生がコースの全てを修了しても、honours degreeに値する成績ではなかった場合に授与されます。スコットランドでは、通常、ordinary degreeは3年間のフルタイムコース、honours degree は4年間のフルタイムコースになっています。

  • Foundation Degree学士号コースの最初の2年間と同等のレベルとみなされています。フルタイムまたはパートタイムで、授業の他に実際の職業現場での実習が含まれます。これだけで独立した資格ですが、修了後に学士号コースの3年目に編入することもできます。

  • 高等教育ディプロマ:2年間のフルタイムのコースで、DipHEと呼ばれています。学士号コースの最初の2年間と同等レベルとみなされ、関連する学士号コースの3年目に編入することができます。学術的なものもありますが、主に看護や社会福祉のように特定の職業や専門職に関するコースです。

  • 高等教育サーティフィケート: 特定の職業や専門職、または学術分野に特化して学ぶコースで、CertHEと呼ばれています。CertHEは学士号コースの1年目と同等のレベルとみなされ、高等教育では最も基礎的なレベルの資格です。CertHEの取得は、大学レベルで学ぶための準備ができていることを意味します。大学進学、転職、キャリアアップへの自信につながり、さらに勉強することでFoundation DegreeやDipHEを取得する道もあります。

  • Higher National Diploma (HND): 2年間のコースで、成績次第で学士号コースの3年目に編入可能です。

大学院レベルで取得できる主な学位と資格

  • 修士号(Masters’ Degree):修士号コースは、特定の科目に関する知識を深め、また、学部課程で習得したった技術を利用して、全く異なる分野を追求する場となります。修士号は、その分野において、高い専門知識や技術を習得していることを証明する学位です。ほとんど全ての科目に修士課程がありますが、講義主体の修士号と、研究修士号のふたつのタイプに分けられます。

  • MBA(経営学修士号):MBAは、経営の成功に必要なスキルを身につけていることを意味する、国際的にも認知されている学位です。MBAコースは、ビジネス政策と戦略、運営管理と戦略経営、マーケティング、市場分析、財務会計、IT、人材管理、リーダーシップ、 起業家精神、国際貿易といった内容を学びます。

  • 博士号(PhD/doctorate): PhD、DPhilといった博士号は、最高レベルの学位です。高度な研究を求められる資格で、研究職への道が開けます。博士課程に出願するためには、学部レベルで少なくともアッパーセカンド以上の成績を収める必要があります。修士号は必ずしも必要ではありませんが、PhDの前に修士号を取得するのが一般的です。

  • ポストグラデュエイト・ディプロマ(Postgraduate Diploma):学部コース修了後、さらに勉強を続けたいと望む学生のために、様々な選択肢が用意されています。ポストグラデュエイト・サーティフィケートやディプロマのコースは、学生が新しいことを学んだり、学士課程で得た知識や技術をさらに深めるたりする機会を提供します。

  • 専門資格・職業資格:専門資格または職業資格は、特定の仕事をするために必要な技術を得たり、向上させたりするためのコースです。ほとんどのコースに実践的な研修が含まれ、その仕事を実際に経験する機会が与えられます。

  • コンバージョン・コース(Conversion course):コンバージョン・コースは、すでに学位を取得した学生が、仕事に就く前の準備として、分野を変更して勉強することができる、大学院の職業資格コースです。

講義主体の大学院プログラムは、講義と試験、コースワークの評価 によって構成されています。一方、研究修士号の大学院プログラムは、特定の分野についてより深い研究を行い、学位論文を作成します。通常、2年から3年で修了します。

科目とモジュール

大学・大学院コースの多くは、「モジュラー」という単位制のシステムを採用しています。そのため、様々な専攻分野から科目(モジュールやユニット)を選び、独自のコースを組み立てることができます。例えば英文学を専攻している人は、1年目はサイエンス・フィクションを1モジュール、児童文学を1モジュール、短編小説を1モジュールというように選択します。

二つ以上の分野に興味がある場合は、例えば英文学と心理学を組み合わせて受講することもできます。多くの場合、それぞれの科目をどの程度勉強したいかも自分で決めることができます。「Joint」は、ふたつの科目を同じ割合で勉強し、「major」と「minor」は 75%と25%の割合で勉強することを意味します。

職業体験

コースの中には、ビジネス、慈善事業、公共機関など実際の職場での1年間の就労が含まれているものがあります。多くの場合、学士号コースの3年目、HNDコースの2年目に実習が行われ、職場によってはフルタイムで有給の雇用となります。これらの実習は、コース修了後に就職を希望している分野で貴重な経験をする機会を提供しています。自分のビザが実習を許可しているか、出願の前に確認しておきましょう。

受講スタイル

フルタイムの大学学部コースのほとんどが、3年間で修了できます(スコットランドでは4年間のことが多い)。フルタイムの大学院コースの期間は、1年以上です。

パートタイムだと、通常もっと長い期間になります。そのため、働きながらなど、無理のないペースで勉強することが可能です。パートタイムコースの期間は設定されていないため、コースによって様々です。イギリスへの留学にビザが必要な場合、自分の在留資格でパートタイムコースの受講が可能かどうか、UKBA(英国国境局)のウェブサイトで確認してください。

イギリスのキャンパスと同じように、イギリス国外のキャンパスでも、コースを受講することができます。たとえば、イギリスの教育機関の海外キャンパスで行われる遠隔教育があります。「イギリスの外でイギリスの資格を取得する」のセクションをご覧ください。

イギリスの学年度

イギリスの学年度は、9月または10月に始まり、6月または7月まで続きます。コースによってはもっと柔軟で、開始時期はそれぞれです。