食べ物や飲み物

Group of friends eating fish and chips at an outdoor cafe

その昔、イギリスの食べ物は淡白な味付け、ゆでた野菜、揚げ物、というイメージが持たれていました。

が、現在はそうではありません。近年、ふたつの理由から、食の革命が起こったのです。

まず、栄養学者、シェフ、メディアによる啓発とともに、人々の健康的な食事への関心が高まり、政府が打ち出した健康啓発のキャンペーンが、さらにその動きを後押しました。

ふたつ目の理由としては、海外旅行や移民の影響で、人々が世界の料理を口にするようになったことが挙げられます。実際、イギリス人がいちばん好きな料理は、今やカレーなのです!

確かに、ファスト・フードや「ジャンク・フード」(不健康な食事)の店もあります。しかし、イギリスのレストラン文化は、世界のトップを争うまでになり、質が高く身体に良い食事を提供しています。

イギリスで食事をするための豆知識

  • イギリスの家庭の水道水は、飲んでも安全です(そうでない場合は、蛇口付近に注意書きがあります)。ボトル入りのミネラルウォーターも売っていますが、ほとんどの人が水道水を飲んでいます。

  • ベジタリアン・フードやビーガン・フードは、イギリスではとても人気です。300万~400万人のベジタリアンがいると言われています。ベジタリアン・フードやビーガン・フードは、イギリスの多くのスーパーマーケットや商店で手に入れることができます。小さなレストランでも、少なくともひとつはベジタリアン・メニューを用意しています。

  • 動物保護に関心がある人なら、イギリスの多くの店に、より良い環境で飼育された動物の肉、魚、卵が置いてあることに気づくでしょう。たとえば、RSPCA(王立動物虐待防止協会)のフリーダム・フードラベルは、家畜が動き回るのに充分な広いスペースで育てられたことを意味し、「free-range(放し飼い)」や「outdoor-reared(野外育ち)」は、家畜が屋外できれいな空気に触れることができたことを意味します。

このような肉や魚を扱うレストランを見つけるのは、難しいかもしれません。インターネットを利用したり、地元の人に聞いたりして、探してみてください。

  • 大きな町や都市にある多国籍食材店やレストランの中には、ハラール(イスラム法において合法なもの)やコーシャ(ユダヤ教の教義に従ったもの)を専門的に扱う店がありますが、たいていのお店でも、様々な種類の肉、魚、ベジタリアン・フードを手に入れることができます。

  • 食物アレルギーを持っている人のために、多くの店やレストランで、注文に応じてそれに代わるメニューを出してくれます(たとえばナッツ類等)。ほとんどの食品パッケージには明確に表示がしてあるので、原材料や栄養成分を知ることができます。学校から食事が提供される場合は、事前にアレルギーについて知らせておく必要があります。

  • 米、麺、パスタやスパイスのような基本的な食材は、手軽に買うことができます。ほとんどのスーパーマーケットや食料品店で売っています。多くの大きな町や都市では、特定の地域の料理に必要な食材を扱う多国籍食材店があります。

  • 学校に学生食堂やカフェがある場合、ハラール、コーシャ、ベジタリアンの他、食物アレルギーに対応する食事が提供されているはずです。念のため事前に確認しておくことをおすすめします。

  • 健康的な食生活のために、ほとんどの食品パッケージには、カロリー、脂質、塩分、糖質、使われている人工添加物が記載されているので、それらの情報をもとに買い物をすることができます。

  • オーガニック・フード(農薬や人工化学物質を使用せずに育てられた食物)は、大きなスーパーマーケットや、専門の食材店で見つけることができます。

  • 外食をすることが、必ずしも高価になるとは限りません。多くのカフェやレストランで、学生割引を受けられます。また、「early bird割引(レストランが混まない時間に食事をすることで得られる割引)」も利用してみてください。

  • Studentcooking.tvでは、学生向けに、美味しく栄養のある食事を安く作る秘訣を紹介しています。BBC の食のウェブサイトもお試しください。

伝統的なイギリスの食事と特色

イギリスにいる間に、ぜひ地元の食べ物を味わってみてください。

  • 広大な海岸線を持つイギリスは、新鮮な魚やシーフードの宝庫です。スモーク・サーモンやムール貝は特に美味です。

  • イギリスの豊かな牧草は、ビーフ・ステーキやラムが最高の品質であることの証。肉好きな人におすすめです。

  • イギリスのチーズもまた最高。スティルトン、チェダー、シュロップシャー・ブルー・・・または、世界で最も匂いのするチーズのひとつ、スティンキング・ビショップ(直訳は、「臭う司教さま」)を、是非お試しください!

  • イギリスの人はみんなお茶好きです。多くの人が、茶葉が開いてから牛乳を注いで飲みます。

一度は試したいイギリスの食べ物

  • サンデーロースト:伝統的な食事で、ローストした肉(牛肉、豚肉、鶏肉、またはラム肉)にローストポテトや野菜を添えたもの。グレービーソースをかけたヨークシャー・プディングと一緒にどうぞ。

  • イングリッシュ・ブレックファストベーコン、ソーセージ、スクランブルエッグまたは目玉焼き、トースト、トマト、ベイクド・ビーンズ、マッシュルーム・・・イギリスに住む人のほとんどは、油料理を毎日食べることはありませんが―健康に良いとは言えないので!―みんなが好きな料理です。スコットランド、ウェールズ、北アイルランドでも、地域ごとのバリエーションがあります。

  • クリーム・ティーは、デボンやコーンウォールで特に人気があります。イングリッシュ・ティーを牛乳で飲み、スコーン(ケーキの一種)にクリームとジャムをつけて食べます。

  • フィッシュ・アンド・チップスは、イギリス中の家庭で好まれています。白身魚(多くがタラ、コダラ、プレイス)をバターで調理し、チップス(フライドボテト)とマッシュされた豆と一緒に食べます。

  • トライフル軽いスポンジケーキとラズベリージャム、フルーツ、カスタード、クリームが合わさったもの。体重増加は心配ですが、食べる価値ありです!