ホーム » 留学の先に » 社会人になる » 理想の仕事を見つける

理想の仕事を見つける

Morning commuters outside Canary Wharf underground station in London

理想の仕事を見つける

ナショナル・キャリア・サービスでは情報やアドバイスを提供し、訓練や就業の機会で進路を決める手助けをしています。このサービスではイングランド国内の人々に親密かつ公正なアドバイスを提供しています。(イギリス国内の他の地域については下記の“さらなるアドバイス”をご覧ください)ウェブサイトに行きウェブチャットを通じてアドバイザーと話すか、オンラインのツールで情報にアクセスしてみましょう。就職の見通しを向上しキャリアを掌握する手助けとなるでしょう。

もしイギリスで就労ビザが必要なら、「卒業後の就労ビザ」の記事を確認し、UKBAのサイトで詳しく調べてみましょう。
 

以下、ナショナル・キャリア・サービスのアドバイザーであるヴィクトリア・マシューズが職探しのためのヒントを教えてくれています。

ヴィクトリアいわく、「キャリアを選択して職探しをするにあたり、特にイギリスの雇用状況に慣れていなければ時には悲観的な見通しを感じるものです。長期的なキャリアを求めているか、パートタイムの仕事を探しているかどちらに優先順位があるのかによって、目標を達成するため考慮すべきことがいくつかあります。」 彼女のアドバイスを読んでみましょう。

 

適正なキャリアを見極める

やりたいことが分かっているなら、その役職の応募に必要なものをリサーチしてみましょう。

ナショナル・キャリア・サービスジョブ・プロフィールには750以上の仕事の情報があり、正しいスキルと資格をもっているか確認することができます。仕事の内容や予想される平均給料、それに将来性についても調べられます。

しかしどんなキャリアが自分に合っているのかが分からなかったら、手始めに下記の質問に答えてみましょう。

  • 仕事に何を求めますか?
  • 完璧な仕事をしている自分を想像した時、日々何をしていると思いますか?
  • 必要ならばさらなる勉学に励んだり仕事経験を積んだりできますか?
  • 就労時間や環境、給料などのキャリア上満たすべき特別な基準がありますか?
  • 雇用主にとって望ましい、応用の効くスキルをすでに取得していますか?たとえば分析や文章が上手で、テクノロジーに精通し、人との交渉が得意ですか?

これらの質問には一考の価値があります。異なる役職を探索したり現実的なキャリア選択を見極めたりするのに役立つからです。

インスピレーションが必要なら、ナショナル・キャリア・サービスSkills Health Checkツールを使ってみましょう。スキルや興味や職業価値観を見極め、キャリアに対する考えを生み出す助けとなり、自分にどんな職種が合うのか詳しく調べるきっかけになります。一連の質問に回答し、理想のキャリアを見つけてください。

 

ネットワーキング&募集を見つける

ネットワーキングは、コネクションを築いたり、ある特有の業界がこの国でどのように成り立っているのか学んだりするのに役立つ方法です。

大学やカレッジのキャリアサービス、友人や過去の同僚なども、募集を見つけるうえで助けとなるでしょう。

英国では、職業斡旋所やジョブサーチエンジンなどを通じて多くの募集情報が得られます。

LinkedIn、ツイッター、フェイスブックなどオンラインのソーシャルメディアもまた有効です。特定の企業を“フォロー”し、募集時期を知ることができますし、最新の業界ニュースを知るいい機会です。また、LinkedInのプロフィール欄をアップデートしておくことも、将来の雇用主に対しての自己紹介に役立ちます。

 

効果的な履歴書を書く

追求したいキャリアや仕事を決めたら、効果的な履歴書の作成、またはすでに用意済みの履歴書の更新に時間を費やすことは実に重要です。

成功につながる履歴書の書き方」にて、効果的な履歴書を書くヒントを見てみましょう。

 

面接に備える

立派な履歴書を準備し理想の仕事に応募して面接に呼ばれたら、出だしは順調と言えるでしょう。しかし、山場はまだこれからです。

面接で成功を収めるには、リサーチをして準備することが重要です。

応募した企業についてできる限り調べましょう。たとえば、本社はどこにあるのか、取扱っている製品やサービスは何か、顧客は誰か、などです。業界についてより広い知識を得たり、現在直面している課題について考慮したりする価値もあります。企業の公式ウェブサイトで多くの情報を得ることができます。“About us”と“News”セクションがあれば、目を通しておきましょう。株主向けの年次報告書もあるかもしれません。要旨を読んでみましょう。

次に、応募する役職の応募資格を十分に理解しておきましょう。どんなスキルや経験が求められているでしょうか?

こういったリサーチは、面接時の質問内容を予想するのに役立ちますし、その企業について十分学んできたということを証明する手助けにもなります。自分の長所や短所などの一般的な質問に対する答えや、なぜその仕事がしたいのかなどに対する答えを準備しておくことも大切です。

面接時には、緊張したり回答前に自分の考えをまとめるのに時間がかかったりしても問題ありませんが、面接前にすでに準備しておくべきことです。常識に思えるかもしれませんが、何も準備せずに面接に臨む人が多いのには驚かされるでしょう。

 

面接の日

努力を重ねた結果、ついに面接の日がやってきます。十分にリサーチする時間を取り、時間に遅れないよう面接場所までのルートを確認しておいたはずです。

ある調査によると、面接では最初の数分間で、応募者の外見、行動などをもとに面接官の意見の大部分が決まってしまうそうです。必ず身なりはきちんと整え、はっきりとしゃべり、ボディランゲージに気を配りましょう。また、忘れずに携帯を切っておきましょう。面接官はそうした中断が入ると心象を悪くします。

仕事を探すこと自体がひと仕事と言えますが、単純で常識的な手順に沿えば、キャリアの階段を着実に踏み出すことになるでしょう。

 

さらなるアドバイス

イングランドにおけるキャリアのアドバイスについてはナショナル・キャリア・サービスのウェブサイトをご覧ください。

英国の他の地域でのキャリア探しについては下記を参照してください。