ホーム » 留学の先に » 社会人になる » 社会人になる

社会人になる

Canary Wharf, London

多くの学生にとって、コースを修了することは、社会人の世界に足を踏み入れることを意味します。夢に向けたキャリア形成をスタートして、やりたいことをする、わくわくする時でもあります。

でも、就職先を探し面接の準備をすることは簡単ではなく、現実的に考えなければいけないことがあります。いくつかのポイントをお話しします。

ヘルプとアドバイス

  • イギリスの、ナショナル・キャリア・サービスのウェブサイトは、キャリア・プランニング、CV(履歴書)の作成、職業探し、面接準備までカバーする、とても便利な情報源です。同じように、Prospects という、イギリスの公式な仕事情報サイトでも、就職活動に役立つアドバイスや求人情報を掲載しています。

    これらのウェブサイトは、主にイギリス国内の仕事を扱っていますが、そのアドバイスのほとんどは万国共通です。また、海外での就職についての情報もいくつか掲載されています。どこで就職活動をするにしても、チェックしてみる価値はありそうです。
     
  • 個人的なアドバイスが欲しければ、学校のキャリア・アドバイザーに相談しましょう。どんな職業が自分に向いているか、どんなスキルや経験が求められているか、サポートしてくれるでしょう。職探しも手伝ってくれるかもしれません。

 

  • 当然のことに思えますが、どんな方法で仕事を見つけたか、どういう仕事内容なのか、役に立つコネクションを教えてもらえるかどうかなどを出会った人に忘れずに話を聞きましょう。

ビザ

イギリスの学校を卒業後イギリスで働きたい場合は、自分の国籍や在留資格に応じたビザが必要です。「ビザ」のセクションで確認してみましょう。また、UKBA(英国国境局)のウェブサイト でさらに詳しく調べてみてください。

仕事を見つける

学校のキャリア・アドバイザーや上記のようなウェブサイトが、仕事を見つける際の助けになると思いますが、その他のコツもお伝えします。

  • 就職フェアを見つけて、参加する企業に連絡をとり、個人的に話をする時間を確保する。
     
  • LinkedInのような専門のネットワークに参加し、自分の資格、スキル、経験を公開して、仕事の宣伝同様に良いコネクションを見つける。
  • 最新の求人情報を求人サイトでチェックする。卒業した学校、カレッジや大学が専用の求人サイトを持っているかもしれません。
  • 自分が働きたいと思う組織を見つけたら、ためらう必要はありません。手紙と履歴書を送り、自分には何ができるかを伝え、近い将来の求人についてたずねてみましょう。