イギリスの通貨

Interior of an ice cream shop with a blackboard menu

  • イギリスの通貨単位はポンドで、ポンド(£)と補助通貨のペンス(p)があります。100ペンスが1ポンドです。 硬貨には1ペンス、2ペンス、5ペンス、10ペンス、20ペンス、50ペンス、1ポンド、2ポンドがあります。一方紙幣には5ポンド、10ポンド、20ポンドと50ポンド札があります。

  • 為替レートや自国の通貨のレートを確認するにはXE.comに便利な通貨変換ツールがあります。

  • ポンドはGBPと表記されることがあり、くだけた言い方のquid (クイッド)を使うこともあります。

  • イギリスのほとんどの店やビジネスでは、現金のほかにデビッドカードやクレジットカードが使われています。チェックが使える店もまだありますが、多くの店では使えなくなっています。

  • 小さな店やバスでは高額の紙幣が使えない場合もあり、小銭(change)を求められるかもしれません。

  • デビッドカードを使って買い物をするときは、「キャシュバックをご希望ですか?」と聞かれることがあります。こうすることで、ATMからお金を引き出さずに自分の銀行口座から現金を得ることができます。

  • スコットランドでは通貨は同じですが、スコットランド銀行が独自の紙幣を発行しています。英国各地で広く使われますが、使用を拒否する店もあります。しかしながら、スコットランドでイギリス紙幣を使うことに問題はありません。

  • 北アイルランドでも同様に北アイルランド銀行が独自の紙幣を発行しています。英国各地で広く使われますが、使用を拒否する店があるかもしれません。北アイルランドの繁華街ではユーロも使えます。

  • 北アイルランド紙幣やスコットランド紙幣をイギリス紙幣に交換することは英国のどの主要バンクでも可能です。英国を発つ前に北アイルランド紙幣やスコットランド紙幣を使い切るか交換しておきましょう。他の国では交換できない可能性もあるからです。